ファーストシューズに!アシックス スクスク ファブレのレビュー

赤ちゃんがあんよをはじめたら、用意してあげたいファーストシューズ。

いろいろ迷いましたが、わたしはアシックス スクスクシリーズのファブレを選びました。

ファーストシューズ選び

今回わたしがファーストシューズ選びのポイントにしたは4点です。

  1. 足がしっかり固定できること:
    靴の中で足が動くと歩きにくいので、足にぴったり固定できるようにマジックテープでしっかり止められるもの。
  2. 履かせやすいこと:
    朝の忙しい時間に狭い玄関でもさっと履かせられるのが理想。

  3. 中敷きが取り出せること:
    洗いやすいし、サイズアップ検討をするときに便利。

  4. ミドルカットであること:
    歩きはじめはまだふらふらと不安定なため、かかとと足首をしっかり支えられるもの。

アシックスのスクスクファースト“ファブレFIRST MS Ⅱ”

いろいろ見てみましたが、わたしが選んだのは、アシックスのスクスクファースト“ファブレFIRST MS Ⅱ”です。

マジックテープが2本なので、足の甲と足首の下をしっかり留められます。

子どもによってそれぞれの足の形は違うので、2本のマジックテープがあることで足に合った留め方ができるのではないかと思います。

マジックテープを取ると履き口ががばっと大きく開くので、足入れもスムーズにさっと履かせられました。

中敷きはシンプルです。

中敷きのかかとの部分が反りあがっていて、かかとがフィットするようになっています。

サイズアップを検討するときは、中敷きだけとって、この反りにかかとを合わせ、つま先部分にどのくらい余裕があるか確認します。

つま先に5mm程度余裕があるのが、ちょうどいい状態です。

この余裕が2〜3mm程度になったり、指の跡がひとつに固まってきたら買い替え時です。逆に5本の指の跡がきれいに中敷に残っていたら、指をいっぱい使って、しっかり靴を履いている証拠です。

引用:アシックスHP

兄の息子くんのファーストシューズを選んだときは、あまり深く考えずローカットの靴を選びましたが、まだふらふらと安定していませんでした。

なので、娘ちゃんのよちよち歩きのファーストシューズではミドルカットにしよう思っていましたが、ファブレはその点でもクリアでした。

また、つま先が大きく巻き上げられてつまづきにくい設計にもなっているそうです。

つま先が上がっているのがわかりますね!

ソールの固さも見てみましょう。

足指の根本部分が曲がります。

アシックスでは、はだしで歩くような感覚の靴を目指しているそうです。

足の指をしっかり曲げて自然に歩けるようにソールも工夫されているんですね。

靴底にはしっかり溝があり、滑りにくくなっています。

実際にはかせてみました

本人にはいた感想を聞けないので、わたしの印象ですが、初めて靴をはいたときは今までと違う足を固定される感覚がイヤだったのか1歩目でしゃがみこんでしまいました。

しかし、お散歩の度にはかせるうちに歩きたい気持ちが強くなったのか、どんどん歩くようになり靴を嫌がることはなくなりました。

つまづきにくい設計のためか、転ぶことも少なく歩くのが大好きな子になりました。

靴をはくと外に行ける!と認識したのか外に行きたいときは自分ではく素振りをみせるようにも。

色はグレーを選んだので、汚れをそこまで気にすることもなく、どんな服にも合わせやすくて大正解でした!

兄の息子くんのときは黄緑の靴だったので、洋服によってはかなり派手になっていました。

さいごに

アシックスののスクスクファースト“ファブレFIRST MS Ⅱ”をご紹介しました。

ファーストシューズはたくさんの種類があって選ぶのが楽しいですよね。

ぜひファーストシューズ選びの参考にしてみてください。

コメント