1歳児でも楽しめる!群馬サファリパークの楽しみ方

先日、息子くんのリクエストでサファリパークに行ってきました。

関東近郊のサファリパークは、富士サファリパーク、那須サファリパーク、群馬サファリパークとありますが、今回行ってきたのは群馬サファリパークです!

5歳の息子くんはもちろん、1歳の娘ちゃんもとても楽しめましたので、今回は群馬サファリパークについて記事にしたいと思います。

基本情報

住所

群馬県富岡市岡本1番地

入園受付時間

3月1日~10月31日   9:30 ~ 16:00  (17:00 閉園)
11月1日~2月末日     9:30 ~ 15:30 (16:30 閉園)

休園日

水曜日 ※祝日の場合は営業


群馬サファリパークは群馬県富岡市にあるサファリパークです。

車ですと、上越自動車道の富岡ICが最寄りになります。

富岡市といえば、2014年に世界遺産に登録された富岡製糸場がある市です。

休園日は水曜日ですが、繁忙期は水曜日も開園されるそうです。HPに営業日カレンダーがありますので、訪れる前にご確認ください。

料金は?お得に入るには?

入園料金

大人(高校生以上)2,700円 子ども(3歳~中学生)1,400円

駐車場料金 300円 ※車1台につき必ずかかります。

お得に入ろう

通年の割引

通年の割引はシニア割引と障がい者手帳の割引です。

シニア割引を受ける場合は年齢を確認できるものが必要です。

  • シニア割引(65歳以上)  2,700円→1,900円
  • 障がい者割引   大人 2,700円→1,350円 子ども 1,400円→700円

期間限定の割引

群馬県民の日(2018年の場合) 大人 2,700円→500円 子ども 1,400円→500円

関東近郊の都県の割引も行っていたことがあるそうです。

2018年は東京都民、千葉県民、埼玉県民限定の特別割引期間に半額になったそうです。

行く前にHPをチェックですね!

WEB限定割引券

HPにはWEB限定割引券もあります。

割引券を印刷して持っていくか、スマホの画面で見せれば300円引きなるそうです。(2019年4月現在)

コンビニの前売り券

コンビニの発券機から前売り券も購入できます。(2020年3月31日まで)

大人 2,700円→2,200円 子ども 1,400円→1,100円

事前にコンビニでの発券が必要です。

群馬サファリパークのコンビニチケット情報 | 子供とお出かけ情報「いこーよ」
群馬サファリパークに関しての子どもとおでかけコンビニチケット情報ページ。群馬サファリパークの入場券を、コンビニ端末から簡単にチケットを購入しよう。群馬サファリパークに子連れ、ファミリーでおでかけなら子供とお出かけ情報「いこーよ」で。群馬サファリパークに家族、親子でお出かけする際にコンビニでラクラクチケットが買える、群馬...

JAFの割引

大人・小人 各300円引き

JAFカード提示すれば、5名まで割引を受けられます。


群馬県民であれば群馬県民の日の割引が最安値ですね。

都県民が対象の割引は半額になるので、行く前にHPをチェックしてみましょう。

今回わたしはJAFの割引を利用したのですが、期間限定で半額で入場することができました!(2019年4月30日まで)

入場方法

サファリゾーン入るためには、入園料金とは別にオプション料金が必要です。

入場方法は4パターンあります。

マイカー 500円/車1台
車から降りることなくそのままサファリゾーンに入場できます。
サファリバス 500円/1人
ゼブラ柄のバスに乗って入ります。エサはあげれません。
エサバス 1,300円/1人
ライオンやホワイトタイガーの形のバスです。
バスに乗りながら動物にエサをあげれます。
レンジャーツアー カー1,300円/1人 バス1,000円/1人
マイカーやバスでほ入らないところに入れます。

エサバス、レンジャーツアーは予約が必要です。事前予約は受付けていないので、現地に到着後に先着順で予約をとります。

席はエサバスを予約したときに決まるようでした。

わたしが行った日は春休み明けの最初の日曜日でした。

9時半すぎに到着してすぐに券売所に行きましたが、その時点でのエサバスの予約は10時10分でした。

行く前に調べましたが、エサバスは人気があり、繁忙期はすぐに予約でいっぱいになってしまうようですね!

2019年4月27日~5月6日のGW期間中の営業時間が公式HPで確認できます。

例年混雑するようで、開演時間を早めるそうです。GWに行く予定の方はチェックしてください。

サファリバスはおすすめ!

今回はサファリバスを利用しました!

ゼブラ柄のバスで、20分間隔で運行していました。予約はいりません。

普通の路面バスの大きさです。

バスが停まっていますので、チケットを購入したらバスに乗って発車まで待つことができました。

サファリバスは、金額も1人500円とと安く、自由度が高いのがポイントです。

マイカー入場ですと、運転手の方がゆっくりみれませんし、なによりバスは視界が高いので動物がよく見えます。

エサバスはエサをあげられるメリットがありますが、子どもでも1人1,300円かかります。

しかしあとで書くウォーキングゾーンでライオンにもトラにもエサをあげるチャンスはあるんです。

席は決まっていませんので、乗った順に好きな席に座れます。

乗車中は運転手さんの軽快な動物トークがおもしろかったです。

乗車中は動物の近くで停車してじっくりと動物を見せてくれました。

停車中は空いている席に自由に移動できますが、繁忙期には難しいかもしれません。

バスでは一部マイカーでは入れないコースも走行してくれました。

バスの座席は左?右?

出典:群馬サファリパークHP

はじめにバスに乗ったときは右側か左側どちらの席に座るか迷いますよね?

サファリゾーンのコースは左周りです。

左右どちらの席に座っても動物が見やすいようにコースは工夫されています。

コースの内側がよくみたいなら左側の席、外側がよくみたいなら右側の席に座りましょう。

コースの内側、外側どちらにも動物はいますが、内側の方が自由に動ける動物が多かった印象です。

外側は柵に入っている動物が多かったように思います。

はじめは草食動物エリアです。

内側にはシマウマや鹿っぽい動物などサバンナの映像をみるとよく観る動物がいます。

外側の柵には、キリン、象、バク、ラクダなどがいました。

人気の肉食獣エリアではホワイトタイガーとライオンが見れます。

ホワイトタイガーは縄張り意識が強い動物らしくエリア内で同時に放せるのは2匹までとのことでした。

コースの内側にのんびり寝転がっていました。

ライオンは群れで生活する動物らしくエリア内にはたくさんのライオンがいました。

子どもライオンは元気に走り回る姿を見せてくれました!コースの内側にメスライオン、外側にオスライオンがいることが多いそうです。

ちょうどバスの窓の高さになる位置に台が設けてあり、運良くライオンが上がっているときは本当に身近にライオンを観ることができます。

わたしが行ったときはカップルのライオンが上がっていて仲の良い姿をみせてくれました。

間近でみるライオンは本当に迫力がありますよ!

ちなみにこの台はコースの外側にあります。

あと時期にもよりますが、ライオンの赤ちゃんをみれることがあります。

母ライオンと一緒にコース外側の柵の中にいました。

ウォーキングゾーンを散策

草食動物エリアと肉食獣エリアの間にウォーキングエリアがあります。

ここではバスを降りて、うさぎやヤギなどの動物にエサをあげれます。

このエリアではライオン、ホワイトタイガー、チーターもいます。

そしてライオンとホワイトタイガーにはエサをあげることもできます。

橋を渡ってウォーキングエリアの反対側は、オオカミの飼育施設になっています。

オオカミを間近にみて、遠吠えも聞くこともできました。

時間によって飼育エリアの裏側見学もやっていました。

サファリバスやマイカーでこのウォーキングエリアに来た場合は、時間を気にせずにエリア内を散策できます。

しかしエサやりバスの場合は発車時刻が決まっているようでした。

サファリバスの場合はウォーキングエリアにあるバス停で待ち、来たバスに乗って次の肉食獣エリアに向かうことになります。

ウォーキングゾーンの駐車場にはトイレ、多目的トイレ内におむつ替え台、自動販売機がありました。

ウォーキングゾーンはマイカーの方は駐車所がいっぱいの場合、空き待ちしたり、見れなかったりすることもあるそうです。

サファリパークでの食事

サファリゾーンを出ると第1駐車場があり、駐車場に面してレストランがあります。

今回わたしたちは利用しませんでしたが、ダチョウやワニの肉を使ったメニューもあるそうです。

レストランの並びや遊園地内に屋根付きの無料休憩所もありますので、お弁当を持ち込んで食べることもできます。

軽食の販売もありました。

遊園地

サファリパークに併設して遊園地があります。

入場料は必要ありません。

乗り物に乗るたびに乗り物チケットを渡します。

小規模な遊園地なので、未就学児から小学校中学年くらいまでが楽しめるくらいでしょうか。

お金を入れて乗る乗り物もあるので、1歳児でも楽しんでました。

マップをみると観覧車もあるんですね。

乗りませんでしたが、乗ったら上空からサファリゾーン内が見えたんでしょうか?気になります。

HPをみるとバードパークやミニファームなどの施設もあるそうです。

エサバスの予約時間を待ったりするのにも、退屈しないで待てそうですね。

サファリパークでの所要時間は?

今回は開園時間の9時半について、まずはサファリゾーンを堪能。

無料休憩所でお弁当を食べて、遊園地で乗り物を2つ乗りました。

のんびり回って、サファリパークを出たのが12時半くらいでした。だいたい3時間の滞在でした。

サファリゾーンの所要時間はエサバスの利用ですと、ウォーキングゾーンの見学に制限時間がありますので、もう少し短いかと思います。

サファリバスやマイカー利用でしたら、ウォーキングゾーンに30分~1時間くらいみて、サファリゾーン全体の所要時間は1時間半~2時間くらいかと思います。

ただし、今回は朝いちの入場でサファリゾーンに入るのにも、ウォーキングゾーンに入るのにも待ち時間はありませんでした。

繁忙期には特に猛獣ゾーンは渋滞するそうです。

さいごに

群馬サファリパークをご紹介しました。

パーク内で自由に動き回る動物たちは動物園で見るよりも、躍動感を感じました。

特にライオンの近さと言ったら!やはり迫力が違います。

5歳の息子くんの方がビビッてました。

1歳の怖いもの知らずの娘ちゃんの方がノリノリでしたよ!

園内にはおむつ替えスペースもあり、貸し出し用のベビーカーもありました。

群馬サファリパークにお出かけの予定の方はぜひ参考にしてくださいね。

コメント