春休みがはじまった!園児とのお休みの日の過ごし方

卒園式が終わるとはじまる春休み。

みなさん、どう過ごされますか?

長いお休みだと、毎日どう過ごせばいいか迷いますよね。

今回は、園児とのお休み中の過ごし方のプランをいくつか考えてみました。

春休み、どんなことに気をつければいい?

わが家は保育園ですが、以前通っていた保育園では春休みなどの長期休みがありましたし、今は夫が土日はほぼ仕事のため、1日中わたしと子ども達だけで過ごすことも多いです。

そんな休みのときには次の3つのことを気をつけています。

  1. 朝7時まで起こす
  2. 夜9時台には布団へ
  3. 3食きちんと食べる

休みの日なので過ごし方は毎日違いますが、基本的な生活リズムは崩さないようにしています。

そうすると、休み明けにスムーズに普段の生活に戻れるように思います。

近所へおでかけ

公園

時間がたっぷりあるお休み中はいつもよりちょっと遠くの公園にも足をのばせます。

自転車に乗るのも気持ちのよい季節ですので、公園までの道のりもちょっとしたサイクリングになります。

お弁当を持っていけば、いつもの公園でも遠足気分。いつもと違う雰囲気におにぎりだけでも子どもは十分楽しんでくれます。

児童館・支援センター

近所の児童館や支援センターでも過ごすことができます。

児童館にもよりますが、決まった時間に体操や職員さんによる絵本の読み聞かせやパネルシアターをしていることもあります。

お昼ごはんを食べるスペースがあったり、お昼ごはんを食べれる時間を設けていることもあります。

春休み中は小中学生も一緒に利用することもあります。

活動内容が普段と違う場合もありますので、各施設にご確認ください。

ちょっと遠出

電車やバスに乗って少し遠出するのも楽しいですね!

切符の買い方やマナーを学ぶいい機会にもなります。

電車スタンプラリー

JRや私鉄各社でスタンプラリーをしていれば、参加してみてはいかがでしょう?

電車好きのお子さんは大喜びですね。

降りたことのない駅で降りて散策してみたら、新しい発見があるかもしれません。

博物館・美術館

春休み中は子ども向けの企画展も多いので子どもも楽しめるのではないでしょうか。

子どもが好きなアニメキャラクターや作者のミュージアムや屋外型の博物館や美術館もあります。

意外なことに興味をしめしたり、子どもの新しい一面が見れるかもしれませんね。

新しいことをはじめてみる

習い事の無料体験

気になっていた習い事に挑戦してみるのもいいですね。

時間のある春休み中なら、いくつかまとめて体験できるので比較もしやすいです。

ワークショップに参加する

親子でワークショップに参加するのもおすすめです。

親子で一緒に体験できるものや、プログラミングを学べるものなどたくさんのワークショップが開催されています。

デパートやショッピングモールで手軽に参加できるものもあります。

おうちで過ごす

天気が悪かったりお出かけに少し疲れてしまったら、家でのんびり過ごしたい日もありますよね。

日常のちょっとしたことを一緒にやるだけでも子どもにとっては、イベントになります。

一緒におやつを作る

子どもでも簡単にできるおやつを一緒に作ってみるのはどうですか?

ホットケーキミックスを使ったクッキーは手軽です。

型抜きなら小さい子どもでもできますし、チョコペンとかで飾りつけるのも楽しいですね!

おもちゃ・絵本の整理

おもちゃや絵本って気づかないうちにどんどん増えてしまう気がします。

じっくり時間を取れるお休み中に一緒にお片付けしてみては?

年齢より幼すぎるおもちゃなどは意外とあっさり手放せるかもしれません。

すっきりキレイに片付いたら、子どもも自分でお片付けしやすくなりますね。

映画、DVD三昧

普段はテレビの見すぎはダメ!と言っているかもしれませんが、たまにはがっつりテレビを見る日があってもいいかと思います。

ゆっくり時間をとれるお休み中に見てみたかった映画など一緒に観てみるのもいいですね。

1人で息抜きしたいとき

毎日子どもと過ごしていると息抜きしたいときもありますよね。

そんなときは無理せず人の助けを借りましょう。

おじいちゃん、おばあちゃん家にお泊り

年中、年長くらいから子どもだけでのお泊りにも挑戦してみてはどうでしょう?

たった1泊でもお母さん、お父さんと離れて過ごすのは子どもとってはドキドキです。

一時保育を利用する

保育園の一時保育も利用できます。

子どもを連れていけない用事があるときや体調が良くないときにもお願いできるので、利用登録をしておくと安心です。

さいごに

春休み中の過ごし方のプランを提案しました。

やってみたいことはありましたか?

長いと少し大変なお休みではありますが、子どもとたっぷりと遊べる貴重な時間でもあります。

がんばりすぎず、楽しい思い出を作りたいですね。

コメント