朝の時間を有効活用。ワーママには朝型がおすすめ!

みなさんは夜型ですか?朝型ですか?

わたしは子どもができるまでは完全に夜型でした。

残業して帰ってくると夜9時をすぎていた…ということもありますが、帰ってきて夜だらだらと深夜番組を観るのが好きだったからです。

しかし、子どもが生まれて保育園に通いだしてからは自然と朝型に切り替わりました。

朝型の生活は忙しいワーママにはぴったりだと思います。

今回は朝型生活をワーママにおすすめする理由について記事にしたいと思います。

朝型の1日のタイムスケジュール

まずは朝型になったわたしのタイムスケジュールです。

 5:00 起床
洗濯物をたたみながら、保育園の準備 自分の身支度
 6:00 朝食&お弁当作り
 6:15 夫、子ども起床
 6:45 朝食 (食器片付けとゴミ出しは夫担当)
 7:15 家を出発 自転車で5分の保育園に送迎
 7:45~ 通勤
 8:35 出社仕事
16:45 退社
18:00 保育園お迎え
18:30 帰宅
19:30 夜ご飯 (食器の片付けは夫担当)
20:00 お風呂 お風呂上がりに洗濯機を回す*乾燥までセットして、次の日の朝のたたむ
21:00 布団で絵本
21:30~22:00 子ども就寝 ほぼ一緒に寝落ち

朝5時起きです。昔の夜型のわたしだったら考えられません。

が、夜10時に寝て朝5時に起きると睡眠時間が7時間とれますので、意外とすっきり起きれます。

朝型をおすすめする理由

朝のいいところは誰にも邪魔されないことです。

まだみんな寝てるので自分のペースで家事を進められます。

これが子ども達の起きている時間だと「ママ、テレビつけてー」と呼ばれたり、イヤイヤ期に差し掛かった娘ちゃんがだっこを要求して号泣したりと一つのことをするのに何度も手を止めなくてはならなくなります。

朝の時間にそれだとかなりの時間ロス、自分もあせってイライラしてしまいます…

なので、子ども達が寝ている時間に一気にやることを片付けらる朝の時間が1番家事がはかどる時間なんです。

時間も限られているので、だらだらしているわけにもいきませんしね。

睡眠時間もたっぷり取れているので、起きてすぐに頭がすっきりしています。

一方、夜の寝かしつけあとに家事をしようとするとそうはいきませんでした。

寝かしつけで1回布団に入ってしまっているので、頭がぼんやりして、なかなか家事をしようという気になれません。

だらだらと12時すぎまで起きていることも多く、次の日もすっきり起きれないことが多かったです。

朝の時間でしたいこと

今は5時に起きていますが、実は4時起きしたいと思っています。

わたしの場合、5時起きだとどうしても家事がメインになってしまうので4時起きで1時間くらい自分の時間を取れたらしたいことを考えてみました。

  • ヨガとかラジオ体操
  • ブログを書く
  • ゆっくりコーヒーを飲む
  • ネットショッピングする

たいしたことではないんですが、子どもがいるとどれもゆっくりできないことです。

朝型のデメリット

朝型のデメリットはなんでしょうか?

  • 夫と顔を合わす時間が少ない
  • リアルタイムでドラマとか深夜番組とか観れない
  • 冬はちょっとつらい

夫と顔を合わす時間が少ない

先に寝てしまっているので、子どもの話とか大事な話をしたいと思ったときに時間がなかなか取れないことがあります。

週末の予定の確認や保育園での出来事なんかは朝食のときな話しています。

なので、朝食はできるだけ家族揃って食べるようにしています。

じっくり話したいことがあるときは夫が休みの日は少し遅くまで起きて話します。

リアルタイムでドラマとか深夜番組とか観れない

ドラマはもともとあまり観る方ではなかったですが、深夜のバラエティは好きでよく見ていました。

しかし、子どもが生まれてからテレビ自体あまり観なくなっていたのであまりデメリットは感じません。

今は、時間があるときにAmazon Videoを観ることの方が多いです。

だらだらなんとなくテレビを観るより、気になるものをピンポイントで観れるのがいいです。ダウンロードしておけば通勤時間にも観れるのでその方が効率的かなと思います。

冬はちょっとつらい

日が昇るのが遅くなる冬は夏より起きるのがのんびりになってしまうことがあります。

部屋も冷えているので起きていても、なかなか布団から出れないことも。

起きて動き出してしまえば、大丈夫なので起きるまでは少し気合が必要です。

さいごに

ワーママに朝型がおすすめな理由について書きました。

新年度になるのをきっかけに、新しく朝型生活はじめてみてはいかがでしょうか?

コメント