保育園の入園式。子どもと親の服装は?

保育園の入園発表の時期になりましたね。

無事4月からの保育園も決まって、入園準備も終盤を迎えると、次に気になるのは、入園式の服装ですよね?

まだ入園前で知り合いもいない場合、相談することもできず、ネットで検索してみても、幼稚園の入園式の情報はけっこう見つかるのに、保育園の入園式の情報はあまり見つからなかった記憶があります。

わたしは、引越しや兄妹別々の園に通った経緯から、3つの園の入園式に出席しました。

今回は、わたしが出席した入園式での子ども、保護者の服装の傾向を記事にしたいと思います。

3園とも系統の違う園でしたので、ご自身のお子さんの通う園に近い園の様子を参考にしていただければと思います。

地方の公立保育園の場合

まずは地方の公立保育園です。

  • 園児は幼児組から制服(スモック)あり
  • 入園式の案内あり
  • 母はパート勤務の人が多い印象
  • 車での送迎がメイン

昔ながらの年季の入った保育園といった感じでした。

入園式の会場は保育園内で、入園式と進級式を兼ねていました。

保育園内の保育室を2部屋つなげた場所で、椅子ではなく、床に入園前の子どもと一緒に座って式に参加しました。

座る場所も特に決まりはなく、着いた順に適当な位置に座る形式だったので、最終的に座りきれない方もいたと思います。

在園児は自分のお部屋で待機し、新入園児は保護者と一緒に参加しました。

親の服装

入園案内では特に親の服装の指定はありませんでした。

そのため、カジュアルな普段着の方から気合いの入った方までいろいろな服装の方がいました。

入園式と進級式を兼ねていたからだと思いますが、気合いの入った新入園児の保護者と、力の抜けた在園児の保護者のギャップがありました。

新入園児のお母さんの服装は、明るい色のスーツや、ワンピースにジャケットというスタイルが多かったです。

ちなみにわたしはフレアスカートにノーカラーのリネンのジャケットを着用しました。中には、着物を着ているかたもいらっしゃいました。

新入園児と在園児の保護者席が分かれていなかったので、はっきりとはわかりませんが、普段着の方は在園児の保護者の方だと思います。

入園式に行く途中で他の保育園の入園式らしき親子も見かけましたが、お母さんは明るい色のスーツを着ていました。

子どもの服装

この保育園では3歳児以上の幼児クラスから、紺色のスモックを着用して登園します。

なので、幼児クラスの子どもたちは全員スモック着用でした。

スモックの中と下に履くものは自由なので、スカートの女の子もいました。

スカートは保育園で、許可されていない場合もあるので、保育園から配布される入園案内を確認してくださいね!

女の子場合は、こんなスカッツでもかわいいですね。

都内の新設の駅前保育園の場合

都内の駅前の新設園の保育園では、入園式の案内に唯一《セミフォーマル》の記載がありました。

  • 園児の制服などの規定の服はなし
  • 入園式の案内に《セミフォーマル》と記載あり
  • 駅前園だからか、夫婦でフルタイム勤務の方が多い印象

新設の保育園だったので、全員新入園児です。

入園式は新入園児と保護者が一緒に座り、参加しました。

椅子ではなく、床にみなさん座っていました。式の最後にクラスごとに写真撮影をしました。

親の服装

セミフォーマルと指定があったので、みなさんスーツ姿でした。

明るい色のスーツというよりは、黒やモノトーンなど落ち着いた色でまとめている方が大半で、そのままお仕事にいけそうな印象でした。

私もユニクロのアンクルパンツに仕事用のジャケットを合わせて参加しました。

子どもの服装

特に決まった服装はありませんでした。

保護者の服装の指定が、セミフォーマルだったのできちんとした服装のお子さんが多かった印象です。女の子はワンピース

男の子はボタンダウンシャツやポロシャツが多かったです。

保育園児なので、かっちりスーツというよりはおでかけにも着れるワンピースがおすすめです。

男の子はネクタイ付きのポロシャツで下はシンプルなズボンを合わせるだけでも、よそいきでかっこいい雰囲気になります。

襟付きのポロシャツを一枚持っていると、冠婚葬祭にも便利ですよ!

都内の私立保育園の場合

こちらの保育園は、創立20年を向かえる保育園でした。

新入園児のほとんどが0歳児で、他の年齢で新しく入園するのは各年齢1人いるかいないかです。

  • 園児の制服などの規定の服はなし
  • 全体で集まっての入園式はない
  • 兄弟児が多い
  • 在園児は進級式があるが、保護者の参加はない

入園式とは言っていましたが、新入園児がほぼ0歳児のみなので保育室でクラス懇談会のような雰囲気でした。

たまたま兄弟児が多い年だったからかみなさん園のことは知り尽くしている感じで、子どもと自分の自己紹介と、生活の流れや持ち物の説明をして終わりました。

子どももまだ赤ちゃんなので、いつも通りの服装、保護者も普段着で参加していました。

他の園の入園式では、お父さんの姿も多くみられましたが、この園では参加しているのは、お母さんのみでした。

ただ、お迎えや運動会ではお父さんが活躍する姿がたくさん見られたので、この園では入園式というよりも親同士の顔合わせの意味が強いのかもしれません。

おすすめの服装は?

タイプの違う保育園ですが、どこも共通していえることがあります。

それは、椅子ではなく床に座るということです。

また入園式では子どもと一緒に座ることが大半なので、小さな子どもを見ながらですと久しぶりのスーツだと動きづらく感じると思います。

ですので、スーツを着る場合のわたしのおすすめはパンツスーツです。

動きやすく、床に座ることもそれほど気にならないし、これからの送迎を考えると仕事着もパンツスタイルの方が都合がいいと思います。

まとめ

タイプの違う3つの保育園の入園式をご紹介しました。

保育園によって、入園式の雰囲気がかなり違った印象です。

  • 地方の公立保育園⇒明るい色のスーツが多い
  • 都内の新設の駅前保育園⇒モノトーンなど落ち着いた色のスーツが多い
  • 都内の私立保育園⇒普段着

床に座る可能性が高いのでスーツを着る場合は、パンツスーツがおすすめです。

入園式前には、お子さんを連れての面談があると思うのでそこで入園式の内容や服装を聞くこともできます。

通う保育園の雰囲気に似ているところがあれば、ぜひ参考にしてみてくださいね!

コメント