子ども服の汚れや黄ばみがすっきり。煮洗いの手順と検証結果

子どもの服って、食べこぼしやらよだれやらで気づくとなかなか落ちない汚れがついているってことありますよね。

毎日の洗濯では落ちない頑固な汚れが目立つようになったら、煮洗いですっきりきれいになるかもしれません。

今回、わたしは娘ちゃんの黄ばんだTシャツを煮洗いしてみましたので、煮洗いの手順と結果を記事にします。

煮洗いできる素材

煮洗いでは熱いお湯に長時間つけることになるので、熱に弱い素材には向きません。

綿や麻などの植物系の素材が煮洗いに向いています。

反対に動物性の素材や化学繊維、繊細な衣料には向きませんので、洗濯表示で確認してください。

  • 綿
  • シルク
  • ウール
  • 化学繊維
  • おしゃれ着

煮洗いに必要なもの

  • 大きな鍋(ステンレス・ホーロー製)
  • 粉末洗剤
  • 酵素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)
  • トングや菜箸

アルミ製の鍋はアルカリ性に反応して変色してしまいますので、ステンレスがホーローの鍋を用意してください。気にならなければいつも使っている鍋で大丈夫です。

無添加の粉せっけんは水に溶けにくいので、煮洗いのあとの普通のお洗濯にも使う予定であれば普通の粉末洗剤でいいと思います。
粉末洗剤には蛍光剤が入っているものが多いですが入っていないものを選んでください。
蛍光剤が入っていると色物の色合いが変わってしまうことがあります。

わたしは花王のニュービーズを使いました。
蛍光剤が入っていないものだと他にLIONのブルーダイヤがあります。
他の粉末洗剤は蛍光剤入りが多く、わたしの近所のドラッグストアではこの2つしか見つかりませんでした。

酵素系漂白剤は過炭酸ナトリウムを浸け置きように買ってあったのでいれました。
入れる入れない両方の意見があるようですので、なければいれなくても大丈夫だと思います。

水分を吸った布は重くなるので、菜箸よりもトングの方が使いやすいです。先がシリコン製のものの方が滑りにくいです。

煮洗いレポート

今回洗うのはこのTシャツです。

襟元がかなり黄ばんでいます。
スタイを付けるとわからないので目をつむっていましたが、さすがに保育園に持っていくのが恥ずかしいレベルです…

普段の洗濯は、ドラム式洗濯機で洗濯から乾燥までかけていて保育園から持ち帰ったものはその日にうちに洗っています。

保育園では汚れたらその都度着替えますが、脱いだ服はそのまま汚れもの入れに夜まで入っているので、通気がいいとは言えず、その間に汚れが定着してしまうのでしょうか。

休みの日に家で着ている服に比べて、保育園着は汚れが落ちにくい気がします。

ではさっそく煮洗いをスタートしましょう!

1.お湯を沸かして粉末洗剤を投入

家で1番大きな鍋に水を入れて、お湯を沸かします。

お湯の量は鍋の7分目くらいを目安にしてください。お湯が沸いたら弱火にして、粉末洗剤を入れます。

1Lあたり小さじ2が目安ですが、あまり考えずに大さじ1杯入れました。

Tシャツを入れる前にしっかり粉末洗剤を溶かします。

2.Tシャツをいれる

粉末洗剤が溶けたら、Tシャツをいれます。

Tシャツをいれて全体がしっかり浸るようにします。まずは10分放置してみました。

3.酵素系漂白剤を加える

一度引き上げて汚れの様子を確認してみると、まだまだ襟元の黄ばみが目立ちました。

そこで酵素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を加えてみることにしました。

適当に大さじ1杯加えます。このとき、火は消してください。

酵素系漂白剤の過炭酸ナトリウムは40~50℃の温度で1番威力を発揮するそうです。
逆にお湯が熱すぎると効果が薄れてしまうようなので、ぐつぐつ煮立てる必要はありません。

過炭酸ナトリウムを加えると瞬間的に泡がたくさん立ちます。

鍋いっぱいにお湯が入っているとあふれてしまうので注意してくださいね!

4.お湯が冷めたらすすぐ

お湯が冷めるまで放置します。

お湯に入っているときに汚れの気になる部分はもみ洗いしました。

今回は汚れの様子を見ながら手で触れるくらいの温度になった時点ですすぎました。

熱いお湯と衣類の入った鍋は重たいのでトングや菜箸を使って引き揚げてください。

洗剤残りが気になったので洗濯機で1回すすぎました。

5.干す

外干しでも部屋干しでも大丈夫です。

煮洗いにより殺菌できていますので、部屋干しでもにおいません。

洗いあがりを検証

襟元の黄ばみがすっきりきれいになりました!

煮洗い前の写真と比べると一目瞭然です。

あまり汚れが気にならなかった白のワッフルTシャツは全体的に白さが増したようにも思います。

気になるに匂いもなく、しっかりと除菌もされたようです。

煮洗いの注意点

色柄物は分ける

今回は何度も洗濯していたものでしたし、多少色が移っても気にしない保育園着でしたので一緒に洗ってしまいましたが、色移りの可能性がありますので、白いものと色柄物は分けて煮洗いした方がいいそうです。

実際、今回の煮洗いでもどれかが色落ちして最後はうっすらピンクの液体になっていました。

長時間煮ない

高温で強いアルカリ性で洗うので、通常の洗濯よりも生地が傷みやすいです。

長時間ぐつぐつ煮ると生地に大きなダメージになります。

付け置きで十分きれいになりますので、長時間に立てるのはやめましょう。

余裕を持った大きな鍋を用意する

お湯は鍋いっぱいに入れないようにしてください。

衣類を入れたら、嵩が増えますし、過炭酸ナトリウムをを加えると予想以上に泡立ちます。

鍋のお湯が熱湯に近いので溢れると危険です。

余裕のある大きな鍋で煮洗いをして、煮洗いする量にも注意してください。

番外編

煮洗いに使用した鍋をみてびっくりしました。

焦げ付いて茶色くなっていた鍋の中がピカピカになっていました!

さいごに

煮洗いの手順と実際の結果について書きました。

もうあきらめていた黄ばみが驚くほどきれいになりました。

煮洗いの手順も洗剤を溶かして、洗いたい物を入れたら放置するだけなので簡単でしたね。

こんなにきれいになるなら、ほかにも煮洗いしたいものがたくさんあります。

布巾やタオルはもちろん、匂いが気になる夫の肌着にもいいかもしれません。

とても簡単ですので、煮洗いに挑戦してみてはいかがしょうか。

コメント